でっかい大地北海道!札幌での物件探しのコツ

札幌での暮らしは寒さとの戦いになるので

札幌の冬はもちろん寒いです。北海道の中では都会なので過疎地ほどの寒さはありませんが、それでも対策を取っておかなければいけないことに変わりはありません。冬場はマイナスになることも当然ありますし、何も対策を取らなければ燃料代も馬鹿になりません。物件選びの際には寒さ対策がいかにできているかどうかにも注目すべきでしょう。
一戸建てよりは、マンションのほうが温かい傾向があります。特に木造一戸建てはかなりの寒さになりますから、鉄筋コンクリート造のマンションを選択した方がいい場合が多いです。マンションでも、できれば建物の中心近くの部屋がいいでしょう。隣に部屋がないと、外壁伝いに寒さが部屋の中へと染み込んできます。中央付近の部屋なら、比較的温かく過ごせます。

積雪時にも通勤通学がしやすいようにしておく

冬場は大雪になって、道路も歩きにくくなる可能性があります。通常よりも倍近い時間をかけて駅まで歩いて行かなければ通勤通学ができないケースが多くなるので、可能な限り駅に近い物件を選ぶのがコツです。できれば駅から五分以内という条件を付けるといいでしょう。可能なら、地下鉄の入り口が近い物件を選ぶと幸せになれるかもしれません。大雪の際にも地下鉄なら利用可能ですし、地下鉄の入り口まで行けば積雪は関係なくなります。ですから、いつも通りに通勤通学ができるはずです。できればマンションの目の前に地下鉄の入り口があるというような状況にしておくのが理想です。また、燃料代を少しでも安くするためにプロパンガスを使う物件は避けておくといいかもしれません。

函館の賃貸なら物件の数が豊富です。そのために、希望の家賃や間取り、最寄り駅までの距離を明確にして、最適と思われる物件を選びましょう。